さまざまな野菜、収穫しませんか 松川町で9月1日から

2017/08/31 10:11
ODEK2017083100868401.jpg

 下伊那郡松川町の町農村観光交流センター「みらい」は9月1日、野菜の収穫体験の受け入れを始める。町特産のリンゴ狩りなどに訪れる多くの人に町の魅力を知ってもらおうと、町地域おこし協力隊員の大橋弘幸さん(35)が企画。カボチャやカブ、ダイコン、ミョウガなどさまざまな野菜の収穫が楽しめる。

 町内の畑で農家から教わりながら収穫でき、漬物の試食もできる。受け入れ農家は農薬や化学肥料を極力使っておらず、「野菜本来の味が濃厚」と大橋さん。

 町では毎年、都市圏の中学生が農家民泊で農作業体験などをしており、農家から「一般の人がやっても面白いのではないか」と提案を受けたのが企画のきっかけ。大橋さんは「いろいろな野菜を一度に収穫できる機会は珍しい。特にお子さん連れにお勧めです」とPRしている。

 今年は11月ごろまで受け入れ予定で、採れる野菜は時季によって変わる。野菜を詰める袋1枚で1人800円。問い合わせは同センター(電話0265・34・7066)へ。

写真説明:野菜収穫体験のチラシを持つ大橋さん

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ