諏訪湖の新作花火大会 有料自由席券の現地販売開始

2017/08/18 09:52

 諏訪市の諏訪湖畔で9月2日に開く第35回全国新作花火競技大会(信濃毎日新聞社共催)の有料自由席券の現地販売が17日、市文化センターとJR上諏訪駅前の市観光案内所で始まった。諏訪湖畔の石彫公園内に設ける有料自由席は計1万席で、このうち現地販売分は2千席。15日の諏訪湖祭湖上花火大会が雨空だったとあって、購入者は好天を期待していた。

 現地販売分は大人(中学生以上)2500円、子ども(3歳〜小学生)1200円。この日、同センターでは午前10時の販売開始前に約50人が列をつくった。先頭に並んだ岡谷市の菅沼収さん(64)は「岡谷からも見られるが近くだと迫力が違う。今度は晴れてほしい」と願っていた。

 現地販売分の取り扱いは18日以降は市観光案内所のみ。他にローソンチケットで6千席分を大人3千円、子ども1500円で販売。大会当日は午前9時半から、同市の諏訪湖畔にある片倉館前で2千席分を販売する。問い合わせは諏訪観光協会(電話0266・52・2111)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ