元ゼロ戦パイロット 原田さん記録映画 長野で上映延長

2017/08/14 10:43

 長野市権堂町の映画館「長野相生座・ロキシー」は13日、ドキュメンタリー映画「原田要 平和への祈り」の上映期間を25日まで延長すると発表した。元ゼロ戦パイロットで昨年5月に99歳で亡くなった原田要さん(長野市)の生涯を描いた作品で、7月29日〜8月12日に単館上映を予定していた。ドキュメンタリー映画では「通常の3倍以上」の客が訪れ、延長を望む声に応えた。

 ミッドウェー海戦やガダルカナル島を巡る戦いの過酷な実情などについての原田さんの証言を軸に展開する。監督はフリーディレクターの宮尾哲雄さん(須坂市)。11日までに1379人が鑑賞し、「若い世代にも見てほしい」「戦争を体験した人の声には説得力がある」といった感想が寄せられた。会員制交流サイト(SNS)や口コミでも多くの反響があったという。

 同館は「15日の終戦記念日を前に、戦争を問い直すきっかけにしてもらえるといい」としている。上映開始時刻は、18日までが午前9時と午後5時、19日以降は午前9時と午後7時。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ