安曇野の夏彩るイルミネーション きょうから

2017/08/11 10:54
ODEK2017081100860401.jpg

 国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区(安曇野市)をイルミネーションで彩る催しが11日始まる。10日夜には内覧会があり、招待された地元住民らが、青を基調とする約30万個の発光ダイオード(LED)が演出する涼しげな雰囲気を楽しんだ。

 毎年冬に同様の催しを開いているが、安曇野の夏の魅力も発信したいと、昨年に続いて企画した。テーマは「北アルプスからの清らかな水と豊かな森」。濃淡のある青い光で表現した長さ約20メートルの「波のトンネル」や、水辺の草むらに宿るホタルをイメージした電飾など11種類の演出に、大勢がカメラを向けていた。

 安曇野市穂高柏原の望月穏照(やすてる)さん(71)は夫婦で訪れ、「冬のイルミネーションとはひと味違う雰囲気で、とてもきれいだ」と見入っていた。

 点灯は20日までの毎日午後6時〜9時。入園料は一般410円、小中学生80円。

写真説明:涼しげな雰囲気の「波のトンネル」を楽しむ来場者

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ