佐久ハーフマラソン10月15日 ゲストに猫ひろしさん

2017/08/09 11:03

 佐久市や市体育協会などでつくる実行委員会などは10月15日、第27回市ハーフマラソン大会を開く。昨年に続き、リオデジャネイロ五輪男子マラソンのカンボジア代表、猫ひろしさんと、世界陸上女子マラソン元日本代表の嶋原清子さん=佐久市在住=がゲストランナーを務める。

 同市の佐久総合運動公園陸上競技場が発着点で、ハーフマラソンの参加資格は大学生以上の一般男女。ほかに、10キロの部(高校生以上男女)、5キロの部(高校生以上男女と、中学生男子)、3キロの部(中学生以上女子、小学5、6年生男女)、1・5キロの部(小学生男女)もある。

 昨年は計561人が参加し、2割を超える136人が県外からだった。群馬県や東京都、埼玉県からが多く、長崎県や香川県など遠方からの参加もあった。市体協の平林芙美江さん(34)は「標高差が87メートルあり、起伏もあって飽きがこないコース。浅間山や八ケ岳を眺めながらレースを楽しんでほしい」と参加を呼び掛けている。

 ハーフと10キロは、日本陸連公認コース。参加料は一般3千円、高校生1500円、小中学生千円。9月15日までに、市総合体育館内の市教委体育課へ申し込む。「ランネット」などのエントリーサイトから申し込む方法もある。問い合わせは同課(電話0267・62・2020)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ