孫の誕生日に「ハッチ」の墓参り 須坂市動物園13日催し

2017/08/01 11:10
ODEK2017080100854001.jpg

 須坂市動物園は8月13日、アカカンガルー「ハッチ」の孫「イッチ」の誕生日に合わせて、ハッチのお墓参りイベントを開催する。イッチの誕生日がお盆に当たることから、アカカンガルーの餌やり体験に合わせて、園内にあるハッチのお墓参りもしてもらおうと初めて企画した。

 2009年に死んだハッチは全国的な人気を誇り、サンドバッグに抱きつく姿などで注目を集めた。雄のイッチはハッチの初孫とされ、現在7歳。昨年11月からペアの雌「もずく」とともに同園で飼育されている。

 同園の南園には、ハッチを含む家族を埋葬したお墓や石像の記念碑が建っている。催しでは清掃用具や花を用意し、来園者に記念碑の掃除をしてもらったり、お墓に花を供えてもらう。担当飼育員の松本妃華(ひめか)さん(22)は「かつて須坂市動物園のシンボルだった動物がいたことを子どもたちに知ってもらうとともに、イッチやもずくにも親しむ一日にしてほしい」と話す。

 お墓参りは午前11時15分〜正午、餌やり体験は午後3時45分〜4時。餌やりは定員20人で、午後3時35分からカンガルー獣舎前で配布する整理券が必要。問い合わせは須坂市動物園(電話026・245・1770)へ。

写真説明:須坂市動物園内にある名誉園長「ハッチ」の記念碑

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ