ズィメルマンさん「ハロー」 松本で26日ソロ公演

2017/07/25 10:23
ODEK2017072500850501.jpg

 スイスを拠点に活動する国際的なパフォーマー、マルタン・ズィメルマンさんによるソロ公演「ハロー」が26日、松本市のまつもと市民芸術館で開かれる。ズィメルマンさんはアクロバティックな動きを得意とし、サーカスとマジック、演劇が融合した舞台だ。24日に都内のスイス大使館で取材に応じ、「舞台の中で一人の人物が持つさまざまな側面、感情を見せていきたい」と意気込みを語った。

 「ハロー」は、ショーウインドーなどさまざまに形を変え、生き物のように動く巨大なフレーム(枠)に翻弄(ほんろう)される姿を、ズィメルマンさんがユーモラスに見せる。フレームは「人生という枠組み」を表し、「それが壊れたりなくなったりした時に、人間は解放されるかもしれないし、狂気に走るかもしれない。そこに興味があった」。

 「ハロー」は10カ国42都市で公演を重ねてきたが、日本では初めて。今回は松本と東京を訪れる。「国によって観客のリアクションや笑うシーンが違うのが面白く、その違いに触れること自体に感動がある」と話した。

 午後4時開演。前売りは完売、当日券(一般3500円、25歳以下、15歳以下はそれぞれ割引)を若干枚販売する。問い合わせは、まつもと市民芸術館(電話0263・33・3800)へ。

写真説明:ポーズをとるマルタン・ズィメルマンさん。松本市で26日に「ハロー」を公演する=都内

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ