猫がテーマの企画展 上田の美術館、デッサン講座も

2017/07/21 11:01
ODEK2017072100847501.jpg

 上田市中央2の私設美術館「心の花美術館」は、猫をテーマにした企画展「necollection(ネコレクション)」を開いている。同館の所蔵品に加え、東信地方の作家20人が猫を題材に制作した絵画や彫刻などが並ぶ。9月2日まで。

 作家が自分で飼っている猫をモデルに制作した愛らしい木彫や、ベランダを歩く猫を淡い色使いで表現した水彩画などを展示。画家竹久夢二がデザインした黒猫を題材にした版画もある。

 期間中の8月4日には、ともに美術大学を卒業し企画展にも出品している、たかはしびわさん(佐久市)と須藤友丹(ともに)さん(同)らを講師に迎え、実物の猫をモデルに絵を描くワークショップ(参加型講座)がある。館主の加藤泰子さん(47)は「近年の猫ブームにあやかって企画した。ワークショップは本格的なデッサンを学べる良い機会」と話している。

 午前10時〜午後5時(最終日は午後3時まで)。火、水曜休館。ワークショップは午後1時半から、要予約。問い合わせは心の花美術館(電話0268・22・0022)へ。

写真説明:企画展で展示している猫の木彫

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ