中野一本木公園でビアパーク始まる

2017/07/17 10:23
ODEK2017071700846201.jpg

 バラの名所として知られる中野市一本木公園を管理している一般社団法人一本木公園バラの会(中野市)は15日夜、園内でビアパークの営業を始めた。今年で4年目で、初日から地元住民らが来店。心地よい夜風を感じ、虫の音を聞きながら、冷たい生ビールの喉越しを楽しんだ。

 会場は園内に移築された中野小学校の旧校舎前の広場。来店客はテーブルを囲んで生ビール(500円)を飲み、ライトアップされた旧校舎を眺めながら会話を楽しんだ。ハイボール(400円)やチューハイ(同)、からあげ(300円)なども販売。生ビールなどの飲み放題(2時間で2千円)もある。

 家族で訪れた同市一本木の自営業、草野慎二さん(54)は、週末にビールを飲むのが楽しみといい、「普段と違って格別の味がする」と喜んでいた。

 営業日は8月15日までの17日間(金、土、日曜、祝日と、8月14、15日)。営業時間は午後6〜9時(日曜、祝日は午後5〜8時)。6人以上での来店は3日前までに予約が必要。問い合わせはバラの会(電話0269・23・4780=午前9時〜午後5時)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ