長野市立博物館で、恐竜の企画展始まる

2017/07/16 10:15
ODEK2017071600845801.jpg

 長野市立博物館(長野市小島田町)で15日、同館と国立科学博物館(東京)が共催する特別展示「恐竜たちがやってくる!」が始まった。米国で発掘された草食恐竜「マイアサウラ」の化石の全身骨格を展示しており、初日から親子連れなどでにぎわった。9月3日まで。

 マイアサウラの全身骨格は、全長7メートル、高さ2メートル以上で、子の複製とともに展示。大人のそばで巣と子の化石が発見された例があり、子育てをしていたとされる。

 展示は「生物の移り変わり」がテーマで、約200点を展示。直径約65センチのアンモナイトや恐竜の大腿(だいたい)骨の化石に触れられるコーナーも。市立博物館学芸員の成田健さん(50)は「目の前にある化石が本当に動いていた姿を想像してほしい」と話していた。

写真説明:マイアサウラの化石標本を見つめる親子

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ