「プレミアムカード」目指し 5ダム巡るスタンプラリー

2017/07/14 11:41
ODEK2017071400844801.jpg

 県企業局は15日から、企業局が関わる県内五つのダムを巡るスタンプラリーを初めて行う。4月に高遠ダム(伊那市)の放流水を活用した水力発電所「高遠発電所」の運転を始めたことから企画した。

 ダムは他に、湯の瀬、裾花、奥裾花(以上長野市)、菅平(上田市)。各ダムの管理棟でスタンプラリー用の台紙を配る。スタンプを集め、最後に高遠ダムを訪れると、各ダムの特徴などを説明した「ダムカード」の一種「プレミアムカード」がもらえる。

 ダムカードは名刺大。表はダム全景の写真、裏には型式やダムの大きさなどが紹介されている。高遠ダムのカードは、発電所の運転開始に合わせて新調。発電所が写った写真に切り替える。

 企業局によると、現在の高遠ダムのカードは2014年に作成。年間3千人近い人がカードをもらいにダムを訪れたといい、担当者は「新しいカードが誘客の一助になればいい」と期待している。スタンプラリーは9月末まで。

写真説明:新調した高遠ダムの「ダムカード」(左)。4月に稼働した発電所が左下に写っている

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ