講師の演奏、6人6楽器 長野で8月からコンサート

2017/07/06 11:00

 長野県カルチャーセンター(長野市)は8月から、新たに「サンデー・レクチャー&コンサート」(全5回)を長野市内で始める。一線で活躍し、同センターのカルチャースクールで講師も務める演奏家6人が、各回に分かれて出演。演奏したり、楽器や曲の聴きどころを解説したりする。

 講師たちの演奏を聴くコンサートは初めて。「来場者が新しい楽器を始めるきっかけになればいい」と企画した。6人は岩村通康さん(ギタリスト)、沢田勝博さん(津軽三味線奏者)、沢口恵美子さん(二胡奏者)、松田久子さん(ハーモニカ奏者)、佐藤幸宇山(こうざん)さん(尺八)、佐藤由香里さん(箏(こと))。幸宇山さんと由香里さんは親子で、共演する。

 各回1時間で、3〜5曲ほど演奏する。楽器を演奏するこつを解説する時間があるほか、参加者が楽器に触れる機会も設ける。

 10月1日までの第1、3日曜日の午前11時から。JR長野駅の駅ビルMIDORI5階信毎ホール。高校生以上500円、中学生以下無料。問い合わせは同センター(電話026・224・2233)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ