サッカー取材から見える世界の変化 松本で元川さん講演へ

2017/07/04 10:57
ODEK2017070400833001.jpg

 信濃むつみ高校(松本市)の教員でつくる実行委員会は11日、松本市出身のスポーツライター、元川悦子さんによる講演会「混迷する時代を歩く」を同校で開く。元川さんは世界各国を訪れてサッカーの取材をしており、市民を狙ったテロなどを受けて混迷する各地の様子について体験を踏まえて話す。

 実行委は2015年にも元川さんを招き、サッカー取材を通じて見た国際情勢について話してもらった。元川さんはその後も、ドイツの街で難民があふれている様子に触れ、テロ対策で各国の入国審査が厳しくなっている状況などを実感しているという。

 実行委の岩田清美教頭は「サッカー取材から見える世界情勢の変化を率直に報告してもらいたい」としている。当日は午後7時から。入場無料。問い合わせは信濃むつみ高校(電話0263・27・3700)へ。

写真説明:元川さんの講演のチラシ

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ