好評「馬鹿バーガー」 上田で販売「おいしくヘルシー」

2017/07/03 10:21
ODEK2017070300832601.jpg

 上田市の「上田道と川の駅おとぎの里」が土日祝日に販売している、鹿と馬の合いびき肉のハンバーグを挟んだ「馬鹿(うましか)バーガー」が、「おいしくてヘルシー」と好評だ。県内で駆除された鹿の肉を活用する狙い。耳目を引くネーミングもあって、2日の昼時も次々に注文が入っていた。

 おとぎの里によると、鹿肉に馬肉を加えることで味に深みを出し、馬肉に親しむ信州の食文化も発信しようと考案。具材のレタスやタマネギの他、パン生地の米粉も地元産で、4月末から販売を始め、既に700個ほど売れた。この日初めて食べた市内の男性(49)は「鹿肉特有のくせもなくおいしい。これなら人にも勧めたい」と話していた。

 「鹿が里山に下りてこなくなり、駆除されなくなったらバーガーの販売もやめる」とおとぎの里代表世話人の石井孝二さん(56)。好みの具材を挟んで楽しめるよう、ハンバーグとパンのセットを冷凍販売する予定もあるという。

 馬鹿バーガー(肉80グラム)460円、大馬鹿バーガー(肉150グラム)560円。共にドリンク付き。土日祝日は合いびき肉を使ったつくねも販売している。毎日営業している食堂では合いびき肉のハンバーグカレーも提供している。

写真説明:馬鹿バーガー(左)と大馬鹿バーガー(右)

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ