熱気球「鯉太郎」搭乗体験会 佐久で7~9月に3回

2017/06/28 11:07
ODEK2017062800830201.jpg

 佐久市のJR佐久平駅近くの市民交流ひろばで、7月15日、8月12日、9月9日に熱気球の搭乗体験会が開かれる。市の名物でもある熱気球に親しみ、周辺観光にもつなげようと市観光協会が企画。当日は、名産の佐久鯉(ごい)をかたどった熱気球「佐久の鯉太郎」を使う予定という。

 熱気球は地上にロープをつないだ状態で、高さ約20メートルまで上昇。1回につき5分程度空に浮かぶという。地元の農産物などを使った料理も振る舞い、夏野菜を中心に農家の出店が並ぶという。

 いずれの日程も午前7〜9時に開き、先着順で200人程度が搭乗可能。雨天や強風などの場合は中止になる。料金は中学生以上が千円、小学生500円、未就学児は無料。小学生以下は、保護者の同伴が必要となる。

 市観光協会事務局の原田幸男さん(39)は「この搭乗体験は通常の搭乗の半額程度の値段で楽しめる。早朝の爽やかな佐久を楽しんでほしい」とPRしている。問い合わせは事務局(電話0267・62・3285)へ。

写真説明:2016年8月の搭乗体験会の様子

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ