霊泉寺温泉、駆け抜けて 7月上田で過酷なレース

2017/06/21 11:13
ODEK2017062100827501.jpg

 上田市平井の霊泉寺温泉一帯の住民や旅館関係者らでつくる「霊泉寺温泉自然JUKUプロジェクト」は7月15日、地元の山林や渓流の中を走って進みゴールを目指す「アウトドア障害物ランニング大会」を初めて開く。山の斜面を駆け上がったり、川を渡ったりする過酷なレース。「アウトドアスポーツのできる温泉地」として県外に魅力を発信する狙いで、同プロジェクトは参加者を募っている。

 住民らの間に「霊泉寺温泉が上田市民にもあまり知られていない」との声があり、同プロジェクトは地元の豊かな自然に親しんでもらい知名度も向上させようと2010年ごろ発足した。12年から、自然と触れ合う夏祭り「クリーンフェスタ」を開催。木の伐採の見学や木登り体験、子供対象のイワナのつかみ取りなどが楽しめ、約2千人が訪れるイベントに成長した。

 今回のレースは、県外者にアウトドアスポーツの視点から温泉地をアピールしようと、市のわがまち魅力アップ応援事業の補助金を活用して企画。6キロの「チャレンジコース」と2キロの「ファミリーコース」を用意。コースにタイヤなどの障害物があり、与えられた課題をこなしながらゴールを目指す。レース終了後は霊泉寺温泉での入浴や、「ウエルカムアウトドアパーティー」で地元食材を使った郷土料理を楽しめる。

 同プロジェクト代表の清水理絵さん(38)は「霊泉寺温泉は県外客に『田舎の実家に来た気持ちになる場所』と言われる」と話し、「その雰囲気と、山や川で遊べる豊かな自然を楽しんでほしい」と参加を呼び掛けている。

 参加費は、霊泉寺温泉での入浴代とパーティー代を含め一般9500円、中高生7500円、小学生5千円(小学生は保護者同伴)。インターネットの「ランネット」「スポーツエントリー」や、専用の参加申込書で申し込む。定員120人で、締め切りは7月7日。問い合わせは同イベント実行委員会(電話03・3465・2888)へ。今年のクリーンフェスタは7月8日午前10時〜午後3時に開く。

写真説明:予定コースの一部を紹介する清水さん

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ