花の飾り付けや歌の練習 花いっぱい松本大会準備

2017/06/13 11:01
ODEK2017061300824101.jpg

 松本市で17日に開く「全日本花いっぱい松本大会」を1週間後に控えた11日、市内では準備が進んだ。同市などの小中学生・高校生でつくる「SK松本ジュニア合唱団」は、記念式典で披露する「花いっぱいの歌」を入山辺公民館で練習。松本駅前ではボランティアら20人ほどが花のポットを飾り付けた。

 花いっぱいの歌は、同市で1955(昭和30)年に開いた第1回大会の際、歌謡曲「高校三年生」などで知られる作詞家の故丘灯至夫(としお)さん、作曲家の故大木正夫さんが作った。運動の原点に戻ろうと今回、同合唱団の小学4年〜高校3年の約50人が歌う。

 11日は指揮者佐原玲子さん(岡谷市)の指導で、団員たちが手をたたきながらリズムを確認。2パートに分かれて伸びやかな声を響かせた。

 一方、松本駅前では、大会実行委員会が設置したモニュメントの周りなどに、赤や白などの花が咲いたベゴニア約2千本、ニチニチソウ約千本のポットを並べた。

写真説明:手をたたくなど拍子を取りながら練習する団員たち(上)。全日本花いっぱい松本大会に向けて松本駅前で花を飾り付けるボランティアら

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ