風越山(の方角)を撮ろう 6月1日午前11時11分

2017/05/30 11:02
ODEK2017053000806401.jpg

 飯田市のシンボル、風越山(1535メートル)の方角を6月1日午前11時11分に一斉に撮影する恒例のイベント「6月1日に風越山を撮ろう!」が今年も行われる。風越山の方角の風景であれば、風越山が写っていなくても大丈夫。16回目で、有志でつくる実行委員会が参加者を募っている。

 実行委員長代行の藤野貴司さんによると、2001年9月11日に発生した米中枢同時テロを受け「古里の飯田下伊那が平和であることに感謝するきっかけになればいい」とイベントを始めた。撮影日は「写真の日」の6月1日、時間は霧が晴れて山を撮りやすい「午前11時11分」とした。

 参加者は同25日までに、写真のデータか、六つ切りにプリントした作品を、イベントに協力する飯伊地方の写真店約30店に持参する。参加費は千円。全員の作品を、7月21日〜8月1日に飯田市の県飯田創造館で開く写真展「みんなの風越山」に展示する。

 昨年は約180点の応募があり、葛飾北斎の富嶽(ふがく)三十六景の一つ「神奈川沖浪裏(なみうら)」の富士山を風越山の写真に置き換えたユニークな作品もあったという。問い合わせは藤野さん(電話090・4126・5879)か、実行委員長の久保田研一さん(電話090・4002・1215)へ。

写真説明:イベントの参加者に撮影してもらう飯田市のシンボル風越山

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ