飯田「まちゼミ」10回目 20日から29店で44講座

2017/05/16 11:14
ODEK2017051600800801.jpg

 飯田市の商店主らが講師となり、それぞれの専門知識を住民らに伝える講座「いいだ『まちゼミ』」が20日に始まる。地元商店の専門性や細やかなサービスを知ってもらおうと開き、10回目。6月30日まで、29店で計44講座が開かれる。

 市街地の活性化に取り組むNPO法人「いいだ応援ネットイデア」が主催。薬局や寝具店、酒販店などが参加し、健康や美容、料理などに関する講座をそれぞれ企画した。体に合った寝具の選び方を聞いたり、ワインのテイスティングをしたりできる。店によって開催日が異なる。

 いいだ「まちゼミ」は、2012年秋に始まり、春と秋に年2回開催。これまでに延べ4869人が受講した。同法人事務局は「大型店にはない地域の店舗の魅力を知ってもらい、人と人をつなぐ場になっている」としている。

 同法人のホームページなどで講座内容を紹介し、申し込みを受け付けている。受講無料だが、講座によっては材料費が必要となる。希望者は各店舗に連絡する。問い合わせは同法人(電話0265・56・9335)へ。

写真説明:いいだ「まちゼミ」の講座を紹介するチラシ

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ