満蒙開拓平和記念館で語る 清水まなぶさん、阿智で4日

2017/05/02 10:18
ODEK2017050200795401.jpg

 県内全77市町村を巡って戦争体験者の話を聞き取った長野市出身のシンガー・ソングライター清水まなぶさん(東京)の活動を紹介したパネル展「追いかけた77の記憶」が下伊那郡阿智村の満蒙(まんもう)開拓平和記念館で開かれている。4日には清水さんが同館でトークとライブを行う。

 パネル展では、旧満州(中国東北部)の関東軍防疫給水部(731部隊)にいた上伊那郡宮田村の男性、特攻隊員だった安曇野市の男性の話などを紹介。障害者の学童疎開の受け入れ先がほとんどなかった戦時中、千曲市上山田温泉の老舗ホテルが140人を受け入れた話なども紹介している。

 「二度と戦争を起こしたくない」「歴史をしっかり学んでいただきたい」「国にだまされるな。結局国は守ってくれないぞ」…。清水さんがそれぞれの人に聞いた若者へのメッセージも載せている。

 パネル展は21日(午前9時半〜午後4時半)まで。火曜、第2、4水曜休館。清水さんのトークとライブは4日午後3〜4時。先着40人。どちらも入館料500円(小中高生300円)。申し込みや問い合わせは同館(電話0265・43・5580)へ。

写真説明:戦争体験者たちの証言をまとめた展示パネル

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ