2代目「茶太郎」よろしくね 長野の茶臼山動物園お披露目

2017/04/16 11:45
ODEK2017041600785301.jpg

 長野市篠ノ井有旅(うたび)の市茶臼山動物園のキャラクターで、レッサーパンダの着ぐるみ「茶太郎」の2代目が15日、お披露目された。初代より頭が大きくなり、毛の色も茶色からオレンジになってより愛らしい印象に。この日から2日間の日程で始まった「春の動物園まつり」では「お披露目会」もあり、来園者が写真を撮るなどして楽しんだ。

 2代目は身長約2メートル。10年ほど前に制作した初代は5頭身だったが、2代目は2・5頭身にした。デザインした同園スタッフの山岸亜矢さん(30)によると、初代の見た目を怖がる幼い子どももいたといい、「2代目はもっと人気者になってほしい」と期待を込める。

 同市内から2人の子どもと訪れた会社員中沢辰一さん(37)は「2代目の茶太郎は、子どもが喜んで近づいていきそう」。お披露目会では記念撮影のほか、山岸さんがメッセージカードに茶太郎を描く「お絵かき会」もあった。中山靖副園長(48)は「新しくなった茶太郎に会いに来てほしい」と話している。

写真説明:「動物園まつり」に合わせてお披露目された2代目の「茶太郎」

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ