7月松本で上演「空中キャバレー」チケット発売

2017/04/16 11:36
ODEK2017041600785101.jpg

 松本市まつもと市民芸術館で7月21日に始まるサーカスと楽器の生演奏、芝居を融合した舞台「空中キャバレー2017」(市芸術文化振興財団など主催)のチケットが15日、発売された。同館のチケットセンターでは午前10時の販売開始前から10人ほどが列をつくり、早速買い求めた。

 同舞台はステージと客席が一体になった特設会場で11年から隔年で開き、4回目。同館芸術監督の串田和美さんが観客参加型の舞台を演出し、口コミで人気が広がっているといい、同館担当者は「リピーターが多い」と言う。同市の自営業田多井美智子さん(42)は「一昨年に家族4人で見た。出演者と身近に接する舞台がすてき」と今回も家族4人分のチケットを購入した。

 7月21〜30日(24日休演)に9回公演。各回定員は約380人。チケットは税込みで一般5500円、25歳以下2500円、15歳以下千円。チケットぴあ、セブン―イレブンなどでも販売している。問い合わせは同館(電話0263・33・3800)へ。

写真説明:チケットを買い求める人の行列ができたまつもと市民芸術館のチケットセンター

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ