生け花や日本舞踊…上田で「文芸祭」 5月3・4日

2017/04/15 12:01

 上田市文化芸術協会は5月3、4日、同市天神のサントミューゼで「第29回上田文芸祭」を開く。所属団体による生け花や書道の作品展示があるほか、4日には大ホールで日本舞踊や詩吟などが披露される。

 同協会は1985(昭和60)年に設立し、現在は市内で活動する23団体が所属する。

 文芸祭では、和室で上田茶道連盟による茶道を体験できるほか、第一会議室では日本将棋連盟上田支部が自由に対局を楽しむスペースを用意。舞台発表は、バレエや着物の帯結びショーのほかNPO法人上田演劇塾が「太郎山ものがたり」を演じる。

 小ホールでは、映画「はなちゃんのみそ汁」を上映する。余命わずかの母親が幼い娘に食の大切さを伝えようと、かつお節削りから始める本格的なみそ汁の作り方を教える作品。両日とも第1回が午前10時〜11時50分、第2回が午後2時〜3時50分。

 展示・舞台発表共通の協力券500円(2日間有効)が必要で、高校生以下は無料。映画観賞は別途300円。展示は午前10時〜午後4時(4日は3時)。舞台発表は午前11時から。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ