大船渡の復興支援、息長く 佐久でポロシャツ予約受け付け

2017/03/08 10:04
ODEK2017030800765101.jpg

 佐久市観光協会は東日本大震災の復興支援で販売するポロシャツの予約を17日正午まで受け付けている。震災の記憶を風化させず、被災地の岩手県大船渡市を応援しようと利益を寄付しており、7年目の取り組み。

 両市は友好都市で、佐久市は震災が起きた2011年から支援を続ける。16年度はポロシャツを1643枚、フリースを818枚販売。佐久市観光協会は、経費を差し引いた61万9746円を義援金として、10日、佐久市を通じて大船渡市に贈る。6年間の義援金の総額は606万7233円に上る。

 ポロシャツは1枚2千円。白や黒など全6色で、サイズはSから2Lまで4種類がある。袖には「FIGHT!NIPPON」と印刷したワッペンが付く。

 佐久市観光協会事務局で、市観光交流推進課の飯嶋俊一さん(27)は「細くても、支援を続けることが重要。ぜひ、大船渡市の復興に協力してほしい」と呼び掛けている。問い合わせは同課(電話0267・62・3285)へ。

写真説明:大船渡市を応援する復興支援ポロシャツの見本

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ