「金メダル男」塩尻で再上映 25日トーク、名物料理も

2017/03/07 11:09
ODEK2017030700763401.jpg

 塩尻市の映画館「東座」の社長、合木こずえさん(57)のトークライブが25日、同市大門一番町の中信会館で開かれる。塩尻市が主人公の古里として描かれる映画「金メダル男」が同日から東座で再上映されるのに合わせて企画。映画製作の裏話や、塩尻が舞台に選ばれた理由などを、塩尻名物のコース料理を食べながら聞く。

 金メダル男は、お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良(てるよし)さんが監督、脚本、主演を務めた作品で、昨年10月から今年1月まで東座で上映。春休みに合わせて再上映することになった。

 内村さんは1996年放送のドキュメンタリー番組で知った東座を訪れ、東座や塩尻市の雰囲気を気に入って舞台に選んだ。トークライブではその番組の一部を公開。合木さんは内村さんが撮影に訪れた際の思い出などを話す。

 料理は、会館内の中華料理店「龍胆(りゅうたん)」が昨年10月、舞台あいさつで東座に訪れた内村さんに、塩尻名物を味わってもらおうと届けたメニュー。山賊焼きや、キムチとたくあんを混ぜた「キムタクチャーハン」、洗馬産レタスのサラダなど6品を提供する。

 中信会館の総支配人、荻上裕(ゆたか)さん(45)は「金メダル男と料理を通して、塩尻の魅力を再発見してほしい」と話す。ライブは東座と中信会館の主催。合木さんは実家の東座を継ぎ、優れた映画を見てもらおうと努めてきた半生についても語る。

 午後6時半から、会費4千円。予約、問い合わせは中信会館(電話0263・52・2340)へ。

写真説明:トークライブのチラシを持つ荻上さん

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ