草間弥生さんのオブジェなど展示 新潟市美術館

2017/02/12 09:33

 新潟市美術館(新潟市中央区)で、版画の摺師(すりし)木村希八さん(1934〜2014年)の作品やコレクションを展示する「木村希八さんの贈り物」が開かれている。木村さんが作家と共同制作で原版を作り、刷った作品など174点を展示。作品制作を通して親交があった松本市出身の前衛芸術家草間弥生さんの版画やオブジェも展示している。

 片岡球子さんや平山郁夫さんのリトグラフ、木村さんが作家から贈られた品や自分で購入した品が並ぶ。草間さんの作品は15点。カボチャを題材にした赤、黄、緑のリトグラフや、「南瓜(かぼちゃ)」「銀の靴」など、同館だけが所蔵するオブジェも展示されている。

 同館学芸員の松沢寿重さんによると、木村さんは草間さんの版画作品の多くを手掛け、同館も版画やオブジェ81点を所蔵。「オブジェはここだけでしか見られない」と話している。

 3月5日まで。月曜休館。入場料は一般600円、大学・高校生400円、中学生以下無料。問い合わせは同館(電話025・223・1622)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ