イチゴ狩り、園児も笑顔 飯田で今季の営業開始

2017/02/02 09:56
ODEK2017020200747801.jpg

 飯田市龍江の農業法人「今田平」は1日、イチゴ狩りを始めた。社長の大平盛男さん(78)によると、昨年11月の気候が冷涼で花芽の状態が良かったため、甘みが増しているという。初日の午後、近くにある龍江保育園の年長12人が招待され、口いっぱいに広がるイチゴの味を楽しんだ。

 ビニールハウス12棟計3千平方メートルで甘みが強い「章姫」と、程よい酸味の「紅ほっぺ」を栽培している。

 この日、園児たちは甘い香りに包まれながら、真剣な表情で大きさ、形、色などを見て選び、イチゴがつぶれないように優しく摘み取った。口を大きく開けてかぶりつくと「おいしい」「あまい」と大喜びした。

 4月2日まで小学生以上1600円、小学生未満1300円。同3日から小学生以上1400円、小学生未満1000円。3歳未満は無料。要予約。予約や問い合わせは同法人(電話0265・27・5020)へ。

写真説明:大きいイチゴを探す子どもたち

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ