棚田百選・飯田「よこね田んぼ」 オーナー初募集へ

2017/01/31 10:58
ODEK2017013100747001.jpg

 日本の棚田百選の一つ「よこね田んぼ」(飯田市千代)の保全委員会は、2月1日から棚田オーナーを募集する。これまで「千代の宝」として保全委員会が管理していたが、高齢化や後継者不足が課題となっていた。地域内の取り組みだけでは長期的な継続が困難とし、初めてオーナー制度導入に踏み切る。

 オーナー制度は、田んぼ1枚が割り当てられ保全委員会の指導を受けながら自由に作業ができる「マイ田んぼオーナー」、保全委員会が主催する田植えや稲刈りなどのイベントに参加する「トラスト会員」、企業に作業や宣伝をしてもらう「企業オーナー」の3種類だ。

 年会費はマイ田んぼオーナーが1口2万円、トラスト会員が1口2万円(12歳までの児童を含むグループまたは40歳未満までの未婚女性の個人・グループは1口1万5千円)、企業オーナーは1口5万円とした。オーナーは、よこね田んぼで収穫した玄米20キロなどを受け取れる。

 申込期間は3月15日までで、募集数はマイ田んぼオーナー10口、トラスト会員30口(うち12歳までの児童を含むグループ、40歳未満までの未婚女性の個人・グループが各5口)、企業オーナー5口。募集数に達すると締め切る。

 よこね田んぼ保全委員会(事務局・千代自治振興センター、〒399―2222飯田市千代932の5、電話0265・59・2003、ファクス0265・59・2080)に資料請求するか、千代まちづくり委員会ホームページから申込書を入手し、千代自治振興センターに持ち込むか、ファクスまたは郵便で送る。

写真説明:よこね田んぼで田植えをする子どもたち=昨年5月、飯田市千代

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ