考案者講師に「まわしよみ新聞」 2月4日信毎長野本社

2017/01/28 11:27

 切り取った記事を使って壁新聞を作る「まわしよみ新聞」を考案者の陸奥賢(さとし)さん(大阪府)と楽しむ催しが、2月4日に長野市南県町の信濃毎日新聞長野本社で開かれる。県信濃美術館と門前おもてなし実行委員会が同日始める「門前映像祭」の関連イベント。参加者を募っている。

 気になった記事を紹介し合い、模造紙などにその記事を貼ったりコメントを書き込んだりして壁新聞を作る。陸奥さんが2012年に始め、全国に広がった。

 今回は、陸奥さんが門前映像祭に関わっている縁で企画し、映画館の長野松竹相生座・ロキシーと信濃毎日新聞社が協力する。回し読みしたい、切り取っていい新聞やフリーペーパー、特に映画、映像に関するものの持ち込みを歓迎している。

 午後1時〜3時半。無料。詳細は陸奥さんのフェイスブック、または平日に信濃毎日新聞社読者センター(電話026・236・3215)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ