お酒片手にジャズ、長野で2月 出演者は当日まで秘密

2017/01/20 11:09
ODEK2017012000740101.jpg

 長野市芸術館(緑町)アクトスペースで2月9日、酒を片手にジャズを楽しめる「ミステリー・ジャズナイト」が開かれる。出演者は、親しみやすく、国内でも人気が高い実力派の女性歌手というが、当日までは秘密。同館を運営する市文化芸術振興財団は「ジャズの調べに酔いしれる一夜にして」と来場を呼び掛けている。

 財団によると、出演者のヒントは、米ニューヨークの「バードランド」や東京の「ブルーノート東京」といった屈指のジャズクラブに招かれ、公演していること。ハスキーな優しい声で、時にささやくように歌う。数々のCDをリリースし、受賞も多いという。

 今回は4人のバンドと来日する。東京と名古屋の公演を前に、長野を訪れる。会場にはバーカウンターを設け、ワインを中心に酒やつまみを販売する。

 「往年のジャズファンにとっては新しい人かもしれないが、最先端をいくミュージシャン」と財団。「仕事帰りにくつろいだ雰囲気で、心地よくおしゃれなジャズを楽しんでほしい」と呼び掛けている。当日配布するプログラムでは、ジャズが聴ける近隣の店も地図で紹介する。

 公演は小学生以上が対象で、午後6時と午後8時半の2回。演奏中に立食形式の客席で飲食できる(持ち込み不可)。ウエルカムドリンク(1杯)付き4500円(ペア8千円)で、全席自由。ウエルカムドリンク以外の飲み物やつまみは別途料金がかかる。未成年者や車を運転する人にはソフトドリンクを提供する。問い合わせは、NCACチケットセンター(電話026・219・3191)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ