冬の松本楽しむ「アイス・バー」 21・22日、催しも多彩

2017/01/20 11:07
ODEK2017012000740001.jpg

 松本市の松本城近くの大名町通りに面した空き地で21、22日、地ビールなどが楽しめる「ICE・BAR(アイス・バー)三の丸」が開かれる。城周辺の街づくりを考える住民組織「松本城・三の丸倶楽部」が企画。22日までの「国宝松本城氷彫フェスティバル」に合わせ、冬の街のにぎわいづくりをする。

 会場は松本城交差点近くと老舗土産店隣の空き地2カ所。近くの飲食店が地ビールのほか、ソーセージやホットチョコレートなどを販売する。企画は昨年に続き2回目。今年は家族連れも楽しめるように、「寒くなったら食べたいもの」をテーマに絵を描けるスペースを設け、作品は会場に飾る。

 21日は大名町商興会が通りにキャンドルを並べ、街路樹に飾られたイルミネーションと一緒に観賞できる。三の丸倶楽部の神沢佑樹さん(33)は「いろいろな催しがあり、冬の松本を楽しんでもらいたい」と話していた。

 アイス・バーは21日が午後3〜11時、22日が午前10時〜午後4時。

写真説明:アイスバーの会場となる空き地の一つ(右奥)

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ