開田高原1泊2日、初の「健康ツアー」 30日から3回

2017/01/19 09:50

 木曽町が健康づくり事業を委託しているNPO法人「熊野で健康ラボ」(和歌山県田辺市)は30日から、同町開田高原を会場に1泊2日で運動指導や栄養指導をする「木曽開田高原健康ツアー」を初めて開く。開田高原にある同法人の営業所「木曽おんたけ健康ラボ」のスタッフが運動や食事のメニューを考え、効果を検証し、今後のプログラム作りに生かす取り組みだ。

 「木曽おんたけ」のスタッフには健康運動指導士や栄養士などがいる。ツアーではスノーシューやウオーキング、室内で自転車を使った運動などを予定し、食事は地元食材を使い、カロリーや塩分などを考慮するという。

 日程は30、31日と2月2、3日、同6、7日の計3回。1日目の午前9時50分に集合し、2日目の午後3時までの予定だ。対象はおおむね40歳以上で、健康づくりに関心のある人。居住地は問わない。宿泊はいずれも開田高原のペンション。定員は各回8人で、初回は既に受け付けを締め切った。町の補助もあるため参加費は3千円。問い合わせは木曽おんたけ健康ラボ(電話0264・24・0870)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ