県内障害者の「ザワメキアート」 茅野で110点展示

2017/01/07 11:40
ODEK2017010700736601.jpg

 県内の障害者から募った芸術作品を展示する「ザワメキアート展」(県、県教育委員会、実行委員会主催)は16日まで、茅野市民館で開いている。芸術が障害者の生きる力になり、鑑賞した人が障害を理解する手助けになればと、昨年12月に長野市のホクト文化ホールを皮切りに始まり2カ所目。芸能人の肖像画や紙で作った野球場など、20人の個性豊かな計110点が並ぶ。

 午前10時〜午後6時。10日は休み。入場無料。15日午後1〜3時に、会場で障害者やお年寄りの芸術活動について語り合う催しを開く。実行委員長でNPO法人ながのアートミーティング代表の関孝之さん(上田市)の講演や、絵を描いて色を塗る体験もある。福祉施設で働く人や興味がある人が対象で定員15人。無料。ファクス(0266・73・7621)かメール(march010818@gmail.com)で申し込む。問い合わせはアートミーティングすわの鈴木さん(電話090・2473・2703)へ。

写真説明:紙製の野球場(中央)など個性的な作品が並ぶザワメキアート展

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ