二年参りと初詣の交通規制・臨時列車

2016/12/30 09:57
ODEK2016123000735301.jpg

 二年参りや初詣に合わせ、善光寺(長野市)、穂高神社(安曇野市)など県内の主な寺社周辺では交通規制が行われる。長野電鉄と上田電鉄は臨時列車を運行する。

<善光寺>

 長野市の善光寺周辺は31日午後11時から1月1日午前3時まで、境内を囲む県道や市道が一部を除いて時計回りの一方通行になり、参道周辺の道路は歩行者専用道路となる。大本願北の県道は1日の午後5時までと2〜4日の午前9時〜午後4時も歩行者専用道路となり、本堂北の県道は1〜4日午前9時〜午後4時も一方通行になる。

 長野電鉄は初詣臨時列車として、31日午後10時55分信州中野発長野行き、1日午前2時長野発信州中野行きの2本を運行する(ともに市役所前駅を除く各駅に停車)。初詣臨時列車と、1〜3日の全時間帯で、12歳未満の運賃を無料にする「こども無料乗車デー」を実施する。

<北向観音>

 上田市別所温泉の北向観音周辺は、31日の午後9時から1月4日午後4時まで、上田電鉄別所線別所温泉駅から北向観音へ向かう道が歩行者専用道路となる。

 別所線は31日深夜から1日未明にかけて上り5本、下り4本の臨時列車を運行する。31日午後9時40分ごろから別所温泉駅構内で豚汁が振る舞われる。

<諏訪大社>

 諏訪大社は上社本宮(諏訪市)と下社秋宮(諏訪郡下諏訪町)周辺の道路が、主に31日午後10時から1月1日午後6時まで通行止めになる。本宮の北参道と下社の大社通りは2、3日も午前9時〜午後6時、通行止めになる。

<穂高神社>

 安曇野市の穂高神社周辺では、31日午後11時半から交通規制が行われる。国道147号から神社方面に向かう市道と、神社手前の交差点から南北へ向かう市道は3日午後4時まで一方通行となる。

 神社手前の交差点から神社までの約50メートル区間は31日午後11時半から1日午前2時までは歩行者専用。その後、3日午後4時までは神社に向かう一方通行となる。一方通行は交通安全祈願のため、車に乗ったまま神社に入れるようにする対応。車両は神社南側から境内を出る。

 神社南側沿いなどの市道2区間は、31日午後11時半から1日午前2時まで東から西への一方通行となる。

 無料駐車場は、市穂高支所など周辺11カ所に計632台分を用意する。

<光前寺>

 駒ケ根市の光前寺周辺は31日午後10時〜1日午後4時、駒ケ根インターにつながる県道から寺への市道と、寺から県道までの市道のそれぞれ一部が一方通行となる。寺では31日午後11時45分から参拝者が除夜の鐘を突くことができ、先着108家族に福笹(ふくざさ)を贈る。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ