「青春18きっぷ」のPRポスター展示 小諸高原美術館

2016/12/11 09:45
ODEK2016121100729301.jpg

 全国のJRの普通列車に1日乗り放題になる「青春18きっぷ」のPRポスターを集めた特別企画展が、小諸市菱平の市立小諸高原美術館・白鳥映雪館で開かれている=写真。鉄道沿線の風景や駅構内の様子、列車の利用者などさまざまな被写体を捉えたポスター約60点を展示している。

 社団法人日本写真協会(東京都)が、写真文化の普及と発展のために企画するイベント「東京写真月間」の一環。県内の路線では、一面の雪の中を走る飯山線の車両に「旅は、真っ白な画用紙だ。」と添えたポスターが目を引く。

 長野市北長池の管理栄養士手塚清恵(すみえ)さん(27)は「自分が知らない美しい景色がたくさんあった。実際に行ってみたくなった」。同館学芸員の白鳥純司さん(33)は「お気に入りの1枚を探してほしい」と来場を呼び掛けていた。

 20日まで(月曜休館)。ほかに「『写真の日』記念写真展2016小諸展」も同時開催している。午前9時~午後5時。特別企画展と小諸展はともに無料。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ