松本市の千歳橋でイルミネーション点灯式

2016/12/04 09:46
ODEK2016120400726101.jpg

 松本市中心市街地の女鳥羽川に架かる千歳橋で3日、イルミネーションの点灯式があった。合図に合わせて一斉に明かりがともり、白やピンクの光が冬の夜を彩った。通行人らが写真を撮ったり、近づいて見たりしていた。

 イルミネーションは松本商店街連盟が毎年実施。今回のテーマは「光彩」で、街をにぎやかにしたいとの願いを込めた。約6500個の発光ダイオード(LED)を使った。

 点灯式には商店街関係者ら20人ほどが出席した。準ミス松本の藤波千穂さん(25)も駆けつけ、「松本の冬は寒いですが、ぜひ楽しんでください」とあいさつした。

 家族と通り掛かった松本市島内小学校2年の藤松知希君(8)は「冬らしくてきれい」と笑顔だった。イルミネーションは来年1月22日まで、午後5時〜午前0時に点灯する(20日〜来年1月3日は午前2時まで)。

 松本城南側の大名町通りの街路樹でも約8万個のイルミネーションが始まった。

写真説明:イルミネーションが点灯した千歳橋

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ