九度山舞台のミュージカル上演へ 上田おもてなし武将隊

2016/11/30 09:54
ODEK2016113000723501.jpg

 上田市の上田城跡公園で観光案内などを務める「信州上田おもてなし武将隊」が12月10日、同市真田町長(おさ)の真田中央公民館で新作の時代劇ミュージカル「紅十道(サナダ・クロス・ロード)」を初上演する。

 おもてなし武将隊は市内の劇団「ACTMAFIA・TOKYOBOWZ(アクトマフィア・トウキョウボーズ)」に所属する団員が、真田信繁(幸村)や、幸村に仕える家臣として小説などに登場する「真田十勇士」に扮(ふん)し、上田城跡公園や市内外でのイベントに登場。上田をPRしている。

 今回のミュージカルは、関ケ原の戦い後に配流された九度山(和歌山県)で暮らす幸村や十勇士たちの姿を描く。同劇団が九度山を舞台にした作品を上演するのは初めて。本番に向けて出演者は連日、深夜まで練習に励んでおり、演出の綾太さん(48)は「武将隊のルーツを探るストーリー。幅広い年代で楽しめる」と話している。

 上演は午後7時から。チケットは前売り2千円、当日2500円。小中高生千円(前売り、当日とも)、未就学児無料。問い合わせは同劇団事務所(電話0268・72・4649)へ。

写真説明:劇団の事務所で熱のこもった練習をする出演者

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ