「具象表現」上田で企画展 東北信の作家5人

2016/11/26 12:05
ODEK2016112600722201.jpg

 上田市中央2の私設美術館「心の花美術館」は、県内外で活動する東北信地方の作家5人の絵画や彫刻などを展示する企画展「具象表現のゆくえinNagano」を開いている。

 昨年開いた抽象表現をテーマにした作品展が好評だったことから開催。作家は美術教諭らで、仕事を持ちながら創作活動を続けている。女性を写実的に描いた絵画や実物大の猫の木彫など33点が並ぶ。異なる質感の作品を同時に楽しめるよう、5人の作家が話し合って作品の位置を決めた。館主の加藤泰子さん(47)は企画展について「平面と立体の作品を織り交ぜた。訪れた人が楽しめる空間」と話す。

 ほかに、具象表現をテーマに同館が所蔵する絵画など14点も展示している。26日午後1時から、作家が作品について話すアーティストトークや歌手の藤井彩也香さん(東京)によるクリスマスコンサートがある。1人千円、小学生以下無料。

 企画展は12月25日まで。火、水曜休館(祝日の場合は開館)。入館料は一般300円、小学〜高校生150円。問い合わせは同美術館(電話0268・22・0022)へ。

写真説明:写実的に女性を描いた絵画や猫の木彫など作家5人の作品を展示した企画展

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ