ソチ五輪選手と初滑り 岡谷でスケートリンク営業開始

2016/11/24 10:01
ODEK2016112400719001.jpg

 岡谷市内山の「やまびこ国際スケートセンター」は23日、今季の営業を始めた。無料開放日の初日は、ソチ五輪スピードスケート代表で日本電産サンキョー所属の上條有司さん(30)、同社元スケート部監督今村俊明さん(54)によるスケート教室を開催。地元の子どもら約70人が参加し、スケートの基礎を学びながら氷上を笑顔で滑走した。

 上條さんは初心者向けを担当。参加者は頭を守る安全な転び方を学び、「いち、に、いち、に」の掛け声に合わせ、ゆっくりと足を動かした。子どもが氷上に慣れてくると、上條さんは「(スケート靴の)刃全体で押すように」などと助言していた。

 今季は来年2月15日まで営業する。期間中は無休。

 諏訪地方では、茅野市玉川の市運動公園国際スケートセンターも同日から今季の営業を始めた。来年2月18日まで営業し、休みはない。

写真説明:上條さん(右)からスケートの基礎を教わる子どもたち

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ