「君の名は。」展で入館者最多に 小海町高原美術館

2016/11/15 10:02
ODEK2016111500713401.jpg

 小海町高原美術館で開かれている「君の名は。」展の入館者が14日までに9303人となり、開館(1997年)以来の企画展で最多を更新中だ。同町出身のアニメ監督新海誠さん(43)が手掛けた大ヒット映画「君の名は。」同様、県内外の大勢の人たちを引きつけている。

 同館がこれまで73回開いてきた企画展で最多は、2014年に約60日間開かれた動物写真家、岩合光昭さんの写真展で7995人。「君の名は。」展は10月23日に始まり、18日目の今月12日に同写真展の記録を抜いた。

 同館学芸員の中嶋実さん(50)によると、「君の名は。」展には、子どもからお年寄りまで幅広い層が訪れ、町民も目立つという。中嶋さんは「郷土の芸術家のおかげで入館者が増えるのは、地方の美術館として一番うれしい。新海監督が古里で見た景色は小海でしか味わえないので楽しんでほしい」と話している。

 映画「君の名は。」は夢を通じて出会った東京と地方の少年少女の恋と奇跡を描いた作品。映画の絵コンテや設定資料などを紹介した同展は今後、全国で巡回する予定だ。

 「君の名は。」展は同美術館や信濃毎日新聞社などの主催。12月25日までの午前9時〜午後5時。火曜休館。高校生以上500円、小中学生150円。問い合わせは小海町高原美術館(電話0267・93・2133)へ。

写真説明:多くの人が連日訪れている小海町高原美術館の「君の名は。」展

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ