「まちゼミ」11月に39講座 茅野の商店主らが「先生」役

2016/10/22 11:43
ODEK2016102200703401.jpg

 茅野商工会議所は11月1〜30日、茅野市内の商店主らが専門知識やノウハウを伝える「まちのゼミナール」(まちゼミ)を開く。9回目の今回は「きれい」「けんこう」「まなぶ」「つくる」「たべる」の5分野、計39講座を用意。申し込みが相次ぎ、早々に定員に達する講座もあるため、今回から商議所ホームページで講座の空き状況を見られるようにする。

 同商議所でこのほど、参加店への事前説明会があり、各店の代表が「新しい客との出会いを期待している」などと抱負を述べた。初めて参加する保科鍼灸(しんきゅう)院(本町西)の保科貴洋院長(32)は「鍼灸の痛い、熱いといったイメージを無くしたい」と話した。

 まちゼミは、地元の店や特長を知ってほしいと2012年秋に始まった。生花店による花束作りや寝具店による枕の作り方講座などがある。

 無料だが、材料費が必要な講座もある。10月25日から各店で申し込みを受け付け、定員になり次第締め切る。案内チラシは市内への新聞折り込みなどで配る。問い合わせは茅野商議所(電話0266・72・2800)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ