クラシックカー、佐久で歓迎しよう 16日に通過の大会

2016/10/04 10:07
ODEK2016100400692801.jpg

 長野など7都県の公道をクラシックカーが走る「第20回ラ・フェスタ・ミッレ・ミリア」が14日から4日間の日程で開かれ、佐久市を16日に通過する。名車を次代に引き継ぎ、交通マナーの向上など事故のない社会の実現を目指す大会。佐久市東中学校の吹奏楽部などが歓迎し、大会を盛り上げる。

 14日に東京都の原宿を出発し、群馬、新潟、長野、山梨、静岡、神奈川の各県を巡り、東京都に戻るコース。15日に信濃町や長野市、上田市を通って軽井沢町に午後4時35分〜5時35分に順次到着。16日午前7時〜7時半に同町を出発し、佐久市の駒場公園や佐久穂町の奥村土牛(とぎゅう)記念美術館などを経由する。駒場公園付近は午前7時40分〜8時40分に通過するという。

 レースにはタレントの堺正章さん、クレイジーケンバンドの横山剣さん、元F1レーサーの鈴木亜久里さんら著名人が参加する予定だ。佐久市観光交流推進課の飯嶋俊一さん(27)は「昨年は多くの人が応援に訪れ、大会を盛り上げた。今年もドライバーを歓迎しませんか」と呼び掛けている。

写真説明:佐久を通過するラ・フェスタ・ミッレ・ミリアの応援を呼び掛けるチラシ

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ