3歳児、長野・三才に集まれ! 10月10日「まつり」

2016/09/29 10:04

 長野市のしなの鉄道北しなの線三才駅を訪れる3歳児の親子らをもてなす住民団体「ウエルカム三才児プロジェクト」は10月10日、3回目の「三才児まつり」を同市三才の北部スポーツ・レクリエーションパークで開く。昨年は親子連れら5千人を集めた人気の催し。ご当地キャラとの触れ合いや昔の遊び体験など子どもが喜ぶ多彩なコーナーを設け、今年は7千〜8千人の来場を見込んでいる。

 ご当地キャラは10体が集合。三才駅をPRしようと新たに設けたシンボルキャラクターで、駅員の格好を擬人化したサイ「サイまる」も登場する。

 メインステージでは、上田市民を中心につくる信州上田真田陣太鼓保存会の演奏のほか、10月に演歌歌手として全国デビューする長野市西三才出身の加藤浩司さん(33)=長野市徳間=が、自ら作詞作曲を手掛けたデビュー曲「三才めでた節」を披露する。

 「体験チャレンジコーナー」は、こまやけん玉など昔の遊び、段ボール箱50個で作る迷路、フラワーアレンジメントなど盛りだくさん。「お楽しみプレイランド」ではミニ新幹線、スーパーボールすくい、輪投げが楽しめる。

 おでんやケーキなどの飲食売店コーナーは23店が出店し、長野商業高の生徒が開発した菓子も初めて並ぶ。

 同プロジェクト事務局長の太田秋夫さん(65)=長野市三才=は「昨年はとてもにぎわい、認知度も高まっている」と手応えを感じている。午前10時〜午後3時。入場無料(プレイランドは1枚100円のチケットが必要)。公共交通機関の利用を呼び掛けている。問い合わせは同事務局(電話026・296・3311)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ