お気に入りのかかしに投票を 売木でコンテスト

2016/09/21 09:57
ODEK2016092100684901.jpg

 下伊那郡売木村で第4回かかしコンテストが開かれ、村内の観光施設「うるぎふるさと館」向かいの田んぼに10月1日まで、17体のかかしが並んでいる。9月30日まで、同館で好みのかかしに投票できる。

 コンテストは住民有志らの実行委員会が主催。村外から訪れて米作りを体験するグループ「うまい!うるぎ米育て隊」や売木小5年生などによる個性豊かな作品がずらりと並ぶ。父親が子どもを肩車しているかかしやピエロのかかしなどアイデアはユニークだ。

 担当する村地域おこし協力隊の福留友美さん(33)は「参加者が試行錯誤して作ったかかしを、近くでじっくりと見てほしい」と投票を呼び掛けている。

 投票で入賞作品を3点決め、村長が選ぶ特別賞1点と合わせ、11月6日に表彰する。

写真説明:売木村の田んぼに並ぶユニークなかかし

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ