木曽で手仕事市 出店4割増の129店

2016/08/28 09:26

 木曽郡木曽町福島の旧中山道沿いなどに、県内外の工芸作家の作品を並べた「木曽の手仕事市」が27日、2日間の日程で始まった。住民有志らの実行委員会主催で9回目。昨年より4割ほど多い129店が出店し、初日から大勢の人でにぎわった。

 空き店舗の活用も狙いの一つで、旧酒蔵の会場では、木工製品や陶器、ガラス細工、布製品などが並んだ。ヒノキ製の「曲げわっぱ」を入れ物にして見栄えを競う弁当コンテストもあった。上の段地区を歩行者天国にしたほか、JR木曽福島駅近くから会場までシャトルバスを運行するなど新たな試みもあった。

 三重県四日市市から仲間4人と訪れた自営業光山しのぶさん(55)は箸作りを体験し、革製品や甘酒などを購入。「街の中をぐるっと歩きながら作品を見られる感じが良かった」と話していた。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ