「伊那谷の岩石園」開設 飯田市美術博物館、標本25点

2016/08/27 11:49
ODEK2016082700671001.jpg

 飯田市追手町の市美術博物館が、伊那谷に分布する岩石を体系的に紹介する「伊那谷の岩石園」を同館西側の敷地一角に開設した。岩石が属する地質帯を示した説明板と合わせ、代表的な岩石標本25点を並べている。

 岩石園は長さ約30メートル、幅約1・5メートルの細長い敷地内に設けた。「領家(りょうけ)帯」「濃飛流紋岩類(のうひりゅうもんがんるい)」といった地質帯ごとに区切り、岩石標本を配置した。

 標本はいずれも直径50〜60センチほど。地中深くでマグマが冷え固まった「花こう岩」や、海底に積もった泥でできた「泥岩」、泥岩が変化した「黒色片岩(こくしょくへんがん)」などが見られる。大半は今回の展示のために新たに採取したという。

 説明板は子どもたちにも読みやすいよう、振り仮名を付け、地質帯ごとに色分けした。「30メートル歩くだけで伊那谷の岩石が分かる」と同館。見学無料で同館の休館日でも見られる。問い合わせは同館(電話0265・22・8118)へ。

写真説明:飯田市美術博物館が敷地内に設けた「伊那谷の岩石園」

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ