アイデア多彩、てるてる坊主 池田で26日からアート展

2016/08/26 11:29
ODEK2016082600670701.jpg

 童謡「てるてる坊主」を作詞した浅原六朗の出身地の北安曇郡池田町で26日、第10回てるてる坊主アート展が3日間の日程で始まる。手作りのてるてる坊主が同町会染のあづみ野池田クラフトパークの芝生広場にずらりと並ぶ。25日は地元関係者らが作品を審査した。

 今年は過去最多となる1863点が県内外から寄せられた。五輪の年にちなんで5色の輪が重なる五輪マークを取り入れた作品もある。町高瀬中学校が昨年、1万428個のてるてる坊主を校庭に飾り、ギネス世界記録に認定されたことから、生徒たちの作品も近くに展示する。

 25日は、審査員25人が7部門の入賞作を選んだ。26日に発表する。初回から企画や運営に携わっている松本大(松本市)の山根宏文教授(62)は「地域のみんなで作り上げるイベントとして育ってきた。家族で訪れてほしい」と話していた。

 アート展は町などでつくる実行委員会の主催。入場無料。午前9時〜午後5時(28日は同4時まで)。問い合わせは町観光協会(電話0261・62・9197)へ。

写真説明:見晴らしのいい芝生広場に並ぶ手作りのてるてる坊主

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ