夏の暑さ体験、東御市がツアー 移住検討者向けに9月

2016/08/17 09:53

 東御市は、同市への移住を検討している人を対象に9月10、11日に1泊2日で「夏のとうみはどのくらい暑いのかを知るツアー」を開く。残暑の時季に公共施設や空き家を見学し、東御での暮らしを体感してもらう。今年2月に初めて開いた冬の寒さを体験するツアーに続く第2弾。

 10日は午後1時、市役所に集合。東部地域の公共施設やスーパー、空き家バンクの物件などを見学する。夕方は八重原の芸術むら公園でバーベキューをし、移住者の先輩に当たる定住アドバイザーと懇談。暮らした感想や体験談、本音を聞く。夜は公園内のコテージに泊まる。11日午前は北御牧地域を巡り、同11時半に市役所前で解散する。

 市地域づくり・移住定住支援室は「参加者の年代や要望に応じて見学する場所を決めたい」としている。4組10人程度を募集中。参加費は食事代など1人4980円、宿泊代が1組3千円。問い合わせは同支援室(電話0268・71・6790)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ