「くまモン」グッズで熊本や大分支援へ 長野や松本の百貨店でも販売開始

2016/08/08 10:50
ODEK2016080800663001.jpg

 熊本地震の被災地を支援しようと、日本百貨店協会は7日、熊本県のPRキャラクター「くまモン」のオリジナルグッズの販売を全国の百貨店で始めた。売り上げから原価を除いた金額を、熊本、大分両県に寄付する。

 グッズは高さ4センチほどのくまモンのフィギュア。ゴムひもが付き、スマートフォンのイヤホンジャックに挿すことができる。吸盤が付いた「ささえるもん」、ペンを置ける「もちあげるもん」など4種類のポーズがある。左胸に赤いハートマークを入れ、「PRAYFORKUMAMOTO」(熊本のために祈る)のロゴ入りプレートも付けた。1個300円(税込み)。

 松本市の百貨店「井上」本店は、4種類で計300個を用意した。県内ではほかに、ながの東急百貨店(長野市)で600個、井上が運営する商業施設アイシティ21(東筑摩郡山形村)で300個販売する。今回のチャリティー事業は、日本新聞協会も協力している。

写真説明:百貨店「井上」に並んだくまモンのチャリティーグッズ

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ