世界のスイーツ どの国が好み?

2016/08/07 08:18
ODEK2016080700662401.jpg

 9月24、25日に先進7カ国(G7)交通相会合が開かれる北佐久郡軽井沢町の軽井沢プリンスホテルで6日、G7参加国ゆかりの菓子を食べる「ワールドスイーツブッフェ」が始まった。機運を盛り上げようと同ホテルが企画。訪れた家族連れや女性グループなどが笑顔で味わった。

 会場には各国の国旗とともに、フランスのミルフィーユ、カナダのメープルシフォンケーキ、イタリアのパンナコッタ、日本のクルミ蒸しようかんなど計約50種類がずらり。訪れた客は好みの物を選び、皿に盛り付けていた。

 シェフパティシエの佐藤人美さん(60)は「G7に関心を持ち、夏のひとときを楽しんでほしい」と話した。

 ウエストの宴会場で6〜9日、12〜14日に開催。正午から午後3時(ラストオーダー午後2時)。大人4千円、7〜12歳2千円、4〜6歳1200円。問い合わせは軽井沢プリンスホテル宴会予約係(電話0267・42・8816)へ。

写真説明:G7参加国ゆかりの菓子を皿に盛り付ける人たち

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ